シンガポール【NO.1お部屋探しアプリで希望のお部屋をスイスイ検索】Property Guru

現地採用の者には負担が大きい。やっぱり悩みのタネは家賃

私のような現地採用は基本的に補助がなく、家賃も自己負担となります。でもできれば綺麗な部屋に住みたい…!
でも日本人オーナーのシェアルームの案件数ってあまり数が多くないので限られていて、正直選べる感じではないですし、「駅は数駅離れててもいいから綺麗で良い価格帯の物件ないかな〜?」なんて思うところです。

シンガポールのお家探し、どこで探してる?

そんな時に使うのがこのアプリ。「プロパティグル」

 

シンガポールにも数々の仲介サイトはあるものの、無料でここまでの案件を見せてくれるものは唯一です。

  • コンドミニアム
  • HDB
  • 一軒家
  • ルームレント

予算とエリアに合わせて簡単に調べることができて、すぐにエージェントと繋がることができます。

 

では調べ方をみていきましょう

今回はアプリ画面から解説します。

①アプリを起動します。

 

②BUY or RENTで選択肢します。大抵の場合RENTでしょう、しかし買うならBUYも選択できます。そして条件である「type」「any price」…をタップすると



③絞り込みを入力できる画面に移ります。ここで条件を入れ込んでいきましょう。私の場合はシェアルームには住みたくない1ルーム派なのでEntire Homeを選択してStudio&1にチェックを入れました。バスルームは1つで十分ですね。

金額の幅も調整。

 

④検索条件に該当した部屋が表示されます(リスト型とマップ型の表示ができるので選びやすくて見やすい!)

⑤気になった案件をタップ、そのままアポイント可能

この画面で詳細な部屋情報を見ていきます。部屋の面積、契約年数、キッチンがついてるかどうか等。問い合わせはメッセージでも電話でもすぐにできるようになっているので、気になったらアポイントをとってみましょう。

 

 

私は最初シンガポールへ来た時、お役立ちウェブから部屋を探しました。

シンガポール在住日本人が100%みたことあるってほど有名なこのサイト
http://www.singaweb.net/bbs/frame.html
最初はこのサイトの「住まい」から部屋を探し、そしてローカルオーナーと連絡をとって入居を決めました。英語が不自由だったのでローカルオーナーとやりとりできるか不安でしたが、なんとか住むことができました。

いろんな探しかたがありますが、今回はシンガポールでもっともメジャーと言われるプロパティグルでのお部屋探し解説でした。